前へ
下連雀 恭一郎

鼎を姫神として崇める、“ソトの村”の男。
また、鼎が姫神となった元凶。少年の頃から怪しい書物や呪術に好んで触れており、その中で知った姫神信仰に魅入られ、美しい外見の鼎を姫神に仕立て上げた。
それからは、鼎の下僕として常に付き従っている。
……狂人のような言動が目立つが、時折、我に返ったように真っ当な言動をとることがある。

下連雀 恭一郎
次へ 相関図へ戻る

ページトップへ