物語

時は、昭和初期。
東京府郊外の丘陵地に在る『イシンの村』は、
六十年前に村内で起こった大規模火災を境に、“ウチの村”と“ソトの村”の
二つの集落に分かたれていた。
人の行き来さえも禁じられていることから、余程の事柄だったであろうことが伺える。

だが、この禁忌は、
その日、ある青年によって破られる――
『ソトの村には、病を癒すとてつもなく美しい姫神が居る』 この物語の主人公、“ウチの村”に住まう【大垣 框】は、
村で流れ聞いた噂話の真意を確かめるため、
集落の境を越え、“ソトの村”に足を踏み入れようとしていた。

時を同じくして、大学の民俗学研究室に勤める【神蛇 零雅】に
研究の一環として、『イシンの村』についての調査依頼が持ち込まれていた。
調査準備を進める最中で、彼女も妙な話を耳にする。 『イシンの村周辺で、拷問を受けた痕のある
 不審死体が相次いで見つかっている』
それには、病を癒すと云われる女装の美少年が関係しているという。
込み入った事件の予感を感じつつも、
依頼を遂行するため、彼女もまた“ソトの村”へと向かう。 ――時代に取り残されたような、異様な雰囲気を持つ“ソトの村”。
其処で二人を待ち受けていたのは、ある一組の双子の兄妹だった。
一人は、女のように髪を伸ばし、村にそぐわぬ程の豪奢な服を身に纏った美少年【鼎】、
もう一人は、少年と同じく美しい相貌を持つも、感情のない瞳をした少女【たまえ】。

「鼎……! やだ、やめて、もうやめて……!」 たまえの身体には噂で聞いたような、
拷問のものと思われる酷い傷がいくつも刻まれている。
ただの兄妹とはかけ離れた、歪んだ関係──。

世界観

遡ること六十年前、イシンの村。
想いと身体を重ねてしまった事を咎められた双子の兄妹が、
村に火を放ち、村はあっという間に火の海と化した。
この一連の火災から命からがら逃げ延びた村人の一部が、
この双子の兄妹のことを「災を齎した者・サイノガミ(災の神)」だと言い表す。
「やはり、男女の双子は忌むべき者だった。我々に災いを齎す存在だ。
更なるそれを防ぐ為に、双子を一つの存在に戻さなければならない。
敢えて一度番わせ、子を産ませてから殺すべきだ」――と。

しかし、それに反発する者たちもいた。
無理矢理に引き離してしまった我々にも責任があるのではないか、
子を作らせて殺すなど、人の道に外れている、と。

村は、こうした考え方の違いにより、
男女の双子を「サイノガミ(災の神)」として忌み、旧い暮らしを続ける“ソトの村”と、
人道的ではあるが、旧い文化を否定する“ウチの村”に分かれてしまうこととなる。

それから暫くし、集落を唯一繋ぐ獣道のすがらに、道祖神が立てられた。
これが、村を隔てる境界線となり、
“ソトの村”では、忌まわしい兄妹の交合図、
“ウチの村”では、引き離された夫婦の交合図とされている。

イシンの村 地図

時が経ち、“ソトの村”にて生を受けた双子の兄妹【鼎】と【たまえ】。
二人は村に伝わる伝承のとおり、
忌まわしき『サイノガミ(災の神)』とされ、
冷酷な運命を科せられるのであった――。

ページトップへ